過度の飲酒はお肌の大敵

過度の飲酒はお肌の大敵

皮膚(お肌)が健康で、常識的な量のアルコールなら、さほど影響は
ありませんが、アルコールは毛細血管の拡張、充血を招くため、皮膚
に炎症がおこりやすく、ひどくなるとかゆみを感じる場合もあります。

また、過度の飲酒を続けた女性から生まれる子供に、問題がある
ケースが多いといわれています。女性がアルコールで、肝臓を悪く
すると男性よりも治りにくいともいわれています。

アルコールの大量飲用は内臓障害を起こし、赤ら顔、肌荒れ、皮膚
の老化、フケ
の原因ともなります。

美しい素肌を保つためにも、過度の飲酒を控えることを心がけましょう。

edit