アトピー性皮膚炎

スポンサードリンク

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、皮膚の上層部に生じるかゆみを伴う慢性的な
炎症です。
アレルギー疾患のひとつで、「アトピー体質」という遺伝的な要素を
持った人で、アレルギーを引き起こす抗原や環境因子をもっており、
なおかつ悪化因子がかさなってアトピー性皮膚炎がおこるとされてい
ますが、原因はわかっていません。アレルギー性の病気、特に喘息、
花粉症、食物アレルギーのある人に多く発症します。

アトピー性皮膚炎を悪化させる要因には、ストレスや気候の変化、衣
類による刺激、細菌性の皮膚感染症などがあります。
乳幼児から幼児期に発症し、長引くことがほとんどですが、なかには
成人になって発症する人もいます。

【アトピー性皮膚炎の症状】

乳幼児では、赤くじゅくじゅくしたかさぶたを伴う発疹が、顔や頭皮、
手、腕、足など体の広い部分にできます。小児や成人の場合は、部分
的に発疹ができることが多いです。
主に顔や首、肘や膝の裏に発疹ができて赤くなり、何度も繰り返します。

発疹の発生部位や程度はさまざまですが、一様に強いかゆみを伴います。
かかずにはいられないほど強い痒みで、掻くことによりまた症状を悪化
させるという悪循環を引き起こします。かいたりこすったりすることで
皮膚に傷ができ、感染症を起こす細菌の入り口をつくってしまうことに
なります。

【アトピー性皮膚炎の対処法】

完治させる方法はありませんが、薬でかゆみを抑えることはできます。
また、皮膚に刺激を与える物質や食品を避けることで、発疹が出るのを
防ぐことができます。
肌が乾燥しないよう保湿剤やワセリン、植物性オイルで皮膚のうるおい
を保つことも大切です。保湿剤は、皮膚がうるおっている入浴後に使用
するのが最も効果的です。

edit