接触性皮膚炎

スポンサードリンク

接触性皮膚炎とは

科学物質や金属、植物など刺激となる物質に直接触れたときに、発赤、
かさかさ、ぶつぶつ、水ぶくれなどの炎症を起こすものです。

【接触性皮膚炎の症状】

接触性皮膚炎には、刺激物などに触れたために起こる「刺激性皮膚炎」
と、アレルゲン物質に繰り返し触れたために起こる「アレルギー性皮膚炎」
があります。症状はどとらもほぼ同じで、原因物質が接触したところが
赤く腫れてかゆみなどの症状が出ます。刺激が少ない場合は、かゆみを
伴う局所のかさかさのみにとどまりますが、刺激が繰り返されると強い
痒みをともない、ぶつぶつがくっついて硬く盛り上がった皮膚となって
きます。

アレルギー性と、刺激性の大きな違いは、アレルギー性のほうがかゆみ
が強いことや、接触したところ以外にも炎症が広がるということです。

接触性皮膚炎で多いのが、化粧品やヘアカラー液、白髪染め液などで起
こる「化粧かぶれ」です。

刺激性皮膚炎は、一度に強い刺激が加わった場合には、やけどと同様の
症状を呈し、原因が化学物質である場合は「化学熱傷」とも呼ばれます。
症状は局所の赤みとそれに続く水ぶくれであり、非常に強い刺激が作用
した場合には皮膚が壊死し、続いて潰瘍となり、強い痛みを伴います。

【接触性皮膚炎の原因】

      
  • 金属・・・ピアス・ネックレス・指輪・時計・めがねなど  
  • ゴム・・・下着(ショーツ、ブラジャー)のゴム・靴下のゴム・ゴム手袋など
  • 衣類・・・化学繊維・染料など
  • 植物・・・うるしなど
  • 化粧品・・・石鹸・白髪染め・ヘアカラー・化粧品・香水など
  • 化学物質・・・酸・アルカリ、化学薬品・ 灯油・ガソリン・農薬など


また、通常の使用方法では刺激を起さない製品でも、誤った使用方法により
生じることもあります。

最近では、一回の接触による刺激は弱いが、繰り返しで生じる皮膚炎が多く
見られます。
  例:台所洗剤による主婦の手荒れ
  例:美容師、理容師、調理師など水をよく使う人の手荒れ
  例:ナイロンタオルでの摩擦によるタオル皮膚炎

【接触性皮膚炎の診断】

接触皮膚炎が発症した場合は、専門医の診察を受けるようにしましょう。
勝手に判断して放っておくと、悪化して完治まで長期に及ぶことがあります。

アレルギー性接触皮膚炎は、時間が経ってから発症する場合が多いので
原因の特定が困難になります。専門医はパッチ検査を行いアレルギー性物質
の特定を行います。

【接触性皮膚炎の治療】

接触性皮膚炎の治療は、ステロイドなどの塗り薬や抗ヒスタミン剤や抗アレ
ルギー剤の内服が考えられます。

いずれにしても、原因物質には一切触れないように注意することが大切です。

edit