単純ヘルペス(単純疱疹)

単純ヘルペス(単純疱疹)

単純ヘルペスとは、皮膚にできる水ぶくれで、主に顔面、特に口の周囲
(口唇ヘルペス)に出ます。風邪などの病気や紫外線、ストレスなどが
誘因となります。
単純ヘルペスに感染すると、ウイルスは神経節に潜伏し、風邪、過労、
ストレス、紫外線、薬などで体の抵抗力が弱くなった時にあらわれます。
ウイルスの潜伏期間は人それぞれで、感染しても発症しない人もいます。

他に、性器ヘルペス、ヘルペス性歯内口内炎、角膜ヘルペス、顔面ヘル
ペス、新生児ヘルペスなどがあります。


【単純ヘルペスの症状】

単純ヘルペスの症状は、最初は皮膚が赤く変化して、痒みやヒリヒリ感
を感じ、数時間後にはその部分に水ぶくれ(小水疱)が現れます。水疱
は数個がかたまりとなって、徐々に大きくなります。


【単純ヘルペスの原因】

単純ヘルペスの原因は、ヘルペスウイルスによるもので、ウイルスには
HSV-1とHSV-2があります。
一般に口唇ヘルペスはHSV-1、性器ヘルペスはHSV-2と言われます。
まれに性器ヘルペスがHSV-1によっておこることもあります。


【単純ヘルペスの治療】

単純ヘルペスは、抗ヘルペスウイルス剤の飲み薬や塗り薬で治療します。
放置していても大半が2週間ほどで自然治癒しますが、出来るだけ早期
に治療を受けるのが良いです。

 

edit