ベーチェット病

スポンサードリンク

ベーチェット病

ベーチェット病とは、全身に様々な症状が繰り返し現れる病気で、
その原因は解明されていません。ベーチェット病は、厚生省の特定
疾患医療に認定されており、世界的にみると、中近東から中国そし
て日本という、シルクロードに沿った地域に発症していることから、
シルクロード病とも言われています。

現在では、ベーチェット病は膠原病(こうげんびょう)の一種とさ
れ、20代後半〜40代に多くみられます。

【ベーチェット病の症状】

  • 口腔内アフタ
       口の中の粘膜にできる痛みを伴う潰瘍
  • 皮膚症状
       ニキビが化膿したような発疹や、赤みを帯びた皮膚の盛り上がりなど
  • 眼症状
       目が赤く腫れたり視野に霧がかかったようになったりする
  • 外陰部の潰瘍
       口の中と同じような痛みを伴う潰瘍
これら主症状の他に、関節や血管、腸管、神経の炎症などがみられ
ます。男性の場合は副睾丸炎などの副症状が知られています。


ベーチェット病の原因は不明ですが、多くの患者さんが「HLAB-51」
という組織性抗原をもっていることがわかっており、何らかの関与
があると考えられています。

ベーチェット病の患者さんは、少しの傷でもすぐに化膿するなど、
外界からの刺激や細菌などにとても過敏に反応します。
これまでの研究で、免疫に関係があるTリンパ球や白血球が異常に
活性化されやすいことが分かってきています。

edit

スポンサードリンク