乾癬(かんせん)

スポンサードリンク

乾癬(かんせん)

乾癬とは、皮膚が赤く盛り上がり、その上に銀白色の厚みのある鱗屑
(りんせつ)が付着する病気です。どの年代でも発症しますが、10〜
40歳での発症が多くみられます。

【乾癬の症状】

形や大きさは様々で、健康な皮膚との境がはっきりしているのが特徴
です。最初は、小さな紅斑が頭皮やひじ、膝、背中などに現れます。
最初にできた紅斑は、数カ月後には消えることもありますが、全身に
広がることもあります。無理にこれを剥がすと、点状の出血がみられ、
(アウスピッツの現象)皮膚に刺激を受けたり、傷をつくるとそこに
乾癬ができることもあります。

乾癬は一生を通じて続くことが多い病気ですが、症状は現れたり消えた
りします。
ケブネル現象(擦った所に線状に皮膚炎ができること)の、約90%は
尋常性乾癬(=普通の乾癬)で、まれに関節に痛みと腫れを伴う関節症
乾癬、小さな皮疹が点状にあわられる滴状性乾癬、紅斑(こうはん)の
上に膿をもつ膿疱性乾癬、乾癬が悪化し、全身の皮膚が赤くなり、うろ
こ状のかさつきを伴う乾癬性紅皮症があります。

【乾癬の原因】

はっきりとは解っていませんが、免疫系に関わりがあるといわれています。
また、家庭内発症があることが知られており、遺伝的要素があるとされて
います。

乾癬の急な再発の原因は、けがや急激な日焼けなど、皮膚への刺激です。
かぜなどの感染症にかかった後に再発することもあります。環境的な要因
として、冬季やストレスの多い状況下で再発が多くみられます。また、薬
も再発の引き金となる可能性があります。

【乾癬の治療】

乾癬治療の薬は数多くあり、症状の重さと範囲に応じて薬を組み合わせて
使います。ほとんどの場合、皮膚にうるおいを与える保湿剤を使うと効果
が得られます。他にもステロイドやビタミンD誘導体など様々な薬があり、
それぞれの患者さんに最適な薬が処方されます。

edit

スポンサードリンク