自己免疫疾患 天疱瘡(てんぽうそう)

スポンサードリンク

自己免疫疾患 天疱瘡(てんぽうそう)

天疱瘡(てんぽうそう)は比較的まれな病気ですが、難病に指定
されています。40〜60歳代に多く、男性に比べて女性にやや多い
傾向があります。
本来、体を守るために異物やウイルスなどに対してつくられる抗体
が、自分の組織成分を攻撃する抗体をつくることによっておこる、
自己免疫疾患です。

【天疱瘡(てんぽうそう)の症状】

天疱瘡(てんぽうそう)は、皮膚の表面である表皮の成分に対して
抗体がつくられる病気
で、表皮細胞が分離して皮膚に大小の痛みを
伴う水疱が多発します。皮膚を軽くつまんだりこすったりしただけ
でも、皮膚の外側の層が下の層と分離して、大きくむけてしまいます。

水疱は全身の皮膚や口腔粘膜にでき、それが破れて痛みを伴う潰瘍
になります。口の中にできると痛みで食事をすることが難しくなり
ます。皮膚にできた場合も放置しておくと痛みを伴う硬い傷になり
ます。また水疱が破けると感染症にもつながります。
重度の天疱瘡(てんぽうそう)の場合、やけどと同様、損傷を受け
た皮膚から大量の体液がにじみ出て、いろいろな細菌に感染しやす
い状態になります。

【天疱瘡(てんぽうそう)の原因】

天疱瘡(てんぽうそう)は、自分の表皮の成分を攻撃する抗体が、
病気を起こすことは分かっていますが、抗体が作られる詳しい原因
はまだよくわかっていません。その人が持つ本来の体質(内因)に
生活習慣や環境(外因)の影響が加わって生じると考えられています。

【天疱瘡(てんぽうそう)の治療】

天疱瘡(てんぽうそう)は、治療しなければ命にかかわります。
天疱瘡(てんぽうそう)の治療は、主に、ステロイドの内服治療
が行われます。しかしステロイドの長期投与により重篤な副作用
が出現することがあり注意が必要です。
最近では、血漿交換療法が行われるようになり、ステロイドの投
与量を抑えることが可能になっています。
また、免疫抑制薬の内服やガンマグロブリン大量静注療法も有効
な治療法です。

edit

スポンサードリンク