皮膚カンジダ(カンジタ)症

スポンサードリンク

皮膚カンジダ症


皮膚カンジダ症とは、カビの一種であるカンジダ菌によって発症する皮
膚症状で、体の抵抗力が落ちた時に発症します。
カンジダ菌は皮膚、口の中、消化管、腟にいつも存在する菌で、通常は
人体に害を及ぼしません。しかし、高温・多湿等の条件下ではカンジダ
は粘膜や皮膚の湿った部分に感染症を引き起こします。
感染しやすい部位は、口や腟の粘膜、性器と肛門周辺、わきの下、女性
の乳房の下、腹のたるみなどです。また、抗生物質やステロイド剤を使
用している場合や、糖尿病などで免疫の機能が低下している人もカンジ
ダ症にかかりやすい傾向にあります。


【皮膚カンジダ症の症状】

指の間、わきの下、乳房の下、陰股部、肛門のまわりなどに赤い発疹や
水ぶくれ、びらん、膿疱がみられ、強いかゆみや痛みを生じます。
指趾間びらん症とよばれるカンジダ症は、水仕事の多い主婦や労働者に
よくみられ、特に中指と薬指の間に多いとされています。夏に多く、多
汗症の人にみられることがあります。
肛門の周囲にできるカンジダ症の皮疹は、赤むけの状態で白または赤い
色をしていてかゆみを伴います。乳児では、おむつをあてる部分に皮疹
ができます。


【皮膚カンジダ症の治療】

皮膚カンジダ症は抗真菌薬クリームで治療することで、簡単に治ります。
患部のかゆみや痛みを和らげるために、ステロイドクリームを併せて使う
こともあります。また、皮膚を乾いた状態に保つと、感染症を治しやすく
なり再発を防ぐこともできます。


【家庭での注意】

赤ちゃんはいつも皮膚を清潔にし、皮膚を乾燥させておくよう注意するこ
とが大切です。また、ビタミン不足にならないように注意し、抗生物質を
大量に使う時には、ビタミンB1、B2を一緒に補給するよう心がけましょう。

edit

スポンサードリンク