いぼ(疣贅:ゆうぜい)

☆いぼ(疣贅:ゆうぜい)

いぼは、ヒト乳頭腫ウイルス(ヒトパピローマウイルス)に感染すること
によってできる皮膚から盛り上がった小さなできものです。
どの年代にもできますが、他の人に伝染することは少なく害もありません。


【尋常性疣贅(普通のいぼ)の症状】

はじめは平たい肌色の皮疹ですが、大きくなると表面がザラザラして盛り
上がります。手や足の指や足の裏にできる場合が多いですが、周囲の皮膚
に広がったり、体のどこにでも移ることがあります。
足の裏にできたものは足の裏にかかる体重によって押されて平らになり、
その周囲が厚くなった皮膚で囲まれます。足裏のいぼは硬く平らで表面が
ザラザラしていて周囲の皮膚との境界がはっきりしていますが、あまり盛
り上がらないため、うおの目やたこと間違うことがあります。


【尋常性疣贅(普通のいぼ)の治療】

薬を飲んだり注射等もありますが、治療効果が不確実なため、いぼそのも
のに処置をする治療が主体です。
一般的な治療法としては液体窒素をいぼにあてる方法(液体窒素凍結療法)
で、子供にも使える方法です。他にも、プレオマイシンをいぼに注射する
方法や、電気メスやレーザーでいぼを焼くという方法があります。


☆扁平疣贅

表面が肌色から茶褐色の小さな(5ミリ以下)ものです。平らな米粒状の
隆起にみえるのが一般的です。パポバウイルス群のヒト乳頭腫ウイルスの
感染によってできるもので、若い人の顔などにできやすい傾向があります。
カミソリなどで傷をつけると増えるので気をつけましょう。


【扁平疣贅の治療】

内服薬が主ですが、補助に外用薬、注射を行うこともあります。
放っておいても治ることもありますが、薬を飲めば治ると信じること、そ
して薬を飲み忘れないことが大切です。また、おまじないのような暗示が
きくこともあります。

edit