パージェット病

スポンサードリンク

パージェット病

パージェット病は、表皮内がんの一種で、おもに乳首とそのまわりに発生
する乳房パージェット病と、陰部や腋などに発生する乳房外パージェッ
ト病とがあります。

乳房パージェット病は、40〜60歳代の女性の、乳首を中心とした乳房
にでき、男性に発生することは極めてまれです。
乳房外パージェット病は、60歳以上の高齢の男性に多く、発生数は女性
に比べて2〜3倍で、外陰部、肛門の周り、わきなどにできます。


【パージェット病の症状】

乳房パージェット病は、乳首の一部の赤い発疹やびらんからはじまり、
だんだん周りの乳輪や乳房へと拡がっていきます。見た目は炎症を起こ
して赤い発疹ができる皮膚炎にかかったようにみえます。乳房パージェ
ット病は、乳がんの特殊な形とされており、よく探すと乳がんと同じよ
うに乳房にしこりを触れることもあります。

乳房外パージェット病は、陰部や腋などに紅く湿った湿疹のようなもの
ができ、かさぶたが付いていて痒みがあります。見た目は湿疹と間違い
やすい状態ですが、薬を塗ってもよくならず、少しずつ広がっていきます。


【パージェット病の治療】

乳房パージェット病の治療は、乳癌と同様、化学療法と放射線療法を併
用し、乳房切除術を行います。通常は、単純乳房切除術とリンパ節切除
術を行います。まれに、乳頭を周囲の正常組織とともに切除することも
あります。

乳房外パージェット病の治療は、患部だけでなくその周り3cm以上の
正常な皮膚、さらにリンパ節も併せて切除しなければなりません。広い
範囲の皮膚を切除するため皮膚移植が必要となります。再発や転移も少
なくありません。

edit

スポンサードリンク