表皮内がん ボーエン病

スポンサードリンク

表皮内がん ボーエン病

多くは日光に当たらない部分の皮膚に発生する皮疹で、湿疹と間違われる
こともあります。ボーエン病も日光角化症と同じく、進行すると有棘細胞
がん
になります。


【ボーエン病の症状】

指の頭から卵の大きさくらいまでの、形が不規則な斑状、または軽く盛り
上がった皮疹で、正常な皮膚との境界がはっきりしています。淡い紅色か
ら黒褐色で、表面にはカサカサとしたかさぶたがついています。ときどき、
ただれたり、湿っていたりすることがあります。ふつう、痛みや痒みはあ
りません。通常は胸、腹、背、太ももなどの日光に当たらない部分に発生
します。

全身にこの皮疹ができる多発性ボーエン病は、砒素の摂取と関連があると
言われています。


【ボーエン病の治療】

ボーエン病の主な治療は外科療法です。診断がつけば早く切除します。

edit

スポンサードリンク