床ずれ(褥瘡:じょくそう)

スポンサードリンク

床ずれ(褥瘡:じょくそう)

床ずれは、圧迫により皮膚に血液が十分流れなくなることで、皮膚や皮下
組織が損傷を受けた状態のことをいいます。


【床ずれの原因】

寝たきりの人や、自力で体位を変えられない人が、長時間同じ部位を圧迫
し続けることで、血行障害と皮膚の壊死が起こり発症します。
痩せていて皮下脂肪が少ない人、栄養状態の悪い人、麻痺などがあり血液
循環が悪い人は床ずれができやすくなります。また、汗や失禁などによっ
て、皮膚がいつも湿っていたり、汚れていたりすると、皮膚の表面が弱く
なって損傷を受け、床ずれができやすい状態になります。


【床ずれの症状】

圧迫された部位が赤くなり炎症を起こします。そこに水ぶくれ、びらん、
潰瘍、または乾性壊死ができます。いったん皮膚の組織が崩れると、細菌
が入って感染症を引き起こすことがあります。損傷が筋肉、脂肪、骨にお
よぶとこれらが露出してしまうこともあります。
床ずれは痛みを伴います。しかし、感覚が鈍くなっている人は、深い床ず
れができても痛みを感じない場合があります。


【床ずれの治療】

初期の段階では、圧迫されなくなれば自然に治ります。
体液がにじみ出ていたりする床ずれは、生理食塩水もしくは洗浄剤で洗い
流し、皮膚の壊死した組織を取り除きます。
深い床ずれの治療は難しく、場合によっては皮膚を移植する必要がありま
す。また感染症が起きている場合は、抗生物質による治療が行われます。
栄養状態を良好に保つことも大切で、ビタミンCや亜鉛のサプリメントは
褥瘡の治癒を早めるのに役立ちます。


【床ずれの予防】

床ずれを予防するには、長時間同じ姿勢にならないよう、2時間事には体
を動かすことが大切です。自分で体を動かすことができない人の場合は、
ケアにあたる人が、頻繁に体の姿勢を変えてあげる必要があります。
骨ばった部分は、コットンなどの柔らかい素材で保護し、寝たきりの人や
車いす生活の人には、特別仕様のベッド、マットレス、クッションなどの
除圧用具を使います。また、常に皮膚を清潔で、乾いた状態に保つことで、
床ずれのリスクは低くなります。

edit

スポンサードリンク