空っぽにしたウイルスの抜け殻が、がん細胞を殺す

スポンサードリンク

空っぽにしたウイルスの抜け殻が、がん細胞を殺す“司令塔”として働くことを、金田安史教授と黒岡正之研究員がマウスの実験で確認した。抜け殻の表面に物質によって免疫機能が刺激され、がん細胞への攻撃能力が高まるらしい。米医学誌キャンサー・リサーチに発表された。

マウスには肺炎を起こすが、遺伝子が働かないよう薬品で処理して、融合能力を持つ抜け殻だけにし、HVJ―Eと名付けた。これをマウスの皮膚にできた腫瘍(しゅよう)に4日おきに注射すると、3週間後に8割のマウスで腫瘍が消えた。

この細胞が活発に働き始め、リンパ球など他の免疫細胞にがんを攻撃させる信号を出して、がん細胞を殺していた。細胞に融合するため、薬効物質などを封入し、細胞内に届ける「運び屋」として様々な研究に利用されている。 金田教授は「HVJ―Eの表面には、細胞融合のたんぱく質以外に、樹状細胞を活性化するたんぱく質があるようだ。中に抗がん物質を入れて効果を高めるなど応用範囲は広い」としている。

(2007年1月3日 読売新聞)より

edit

スポンサードリンク