陥入爪(かんにゅうそう)

陥入爪(かんにゅうそう)

陥入爪(かんにゅうそう)とは、足の爪が周囲の皮膚に食いこんだ状態を
いいます。


【陥入爪(かんにゅうそう)の原因】

陥入爪(かんにゅうそう)の主な原因は、間違った爪の切り方によるためです。
爪を水平に切らずに角を丸くカーブして切ってしまうことで、陥入爪を引き起こ
したり、悪化させたりします。
また、足に合わない窮屈な靴を履いたために、爪が皮膚に食い込んだりして、
陥入爪を発症してしまう場合もあります。


【陥入爪(かんにゅうそう)の症状】

陥入爪は初期は無症状ですが、徐々に痛みが生じるようになります。特に陥入
した部分が圧迫されると激しい痛みを伴います。陥入した爪が皮膚を突き刺す
ようになると指の周りが腫れ、痛みが増します。感染を起こすと、より赤くはれ
上がり、膿がたまった水疱ができて破れると膿が出てきます。


【陥入爪(かんにゅうそう)の治療】

家庭でできる予防法は、足に合わない靴をはかないことです。爪切りは、深爪を
しないように心がけることが大切です。また清潔を保つようにします。

患部が炎症を起こしている場合は、抗生物質・消炎剤などの薬を使用しながら
綿やガーゼなどをクッションにして、症状の改善を図ります。
ただし、症状が酷く繰り返す場合や、改善が見られない場合は、外科的治療が
必要となります。また、ワイヤーで矯正する方法もあります。

edit