ウジ虫で皮膚病を治療?!

動物の死骸などにわくウジ虫、ハエの幼虫です。生息する場所が場所だけに不潔、病原菌
を持っていそうといったイメージがありますが、実は医療現場で利用されているそうです。
2004年に、アメリカ食品医薬品局(FDA)が承認した、れっきとした傷を治す治療法
だそうです

この治療法は数千年前から行われている治療法で、現在の科学でも効果があることが証明
された形となったわけで、やはり昔の人は何かと私たちに知恵を残してくれているのですね。

「ウジ虫を使って傷を治す」と聞くと、ホント? とお思われる方も多いのでは?
ウジ虫を利用した治療は、オーストラリアやアメリカの先住民、ビルマ(現ミャンマー)の
伝統医によって、古くは数千年前から行われていたと言われています。

アメリカでは1900年代前半、第一次世界大戦中に軍医らによって効果が確認され、
マゴットセラピーとして研究も進められていました。

しかし、その後抗生物質の登場や外科治療の進歩などによって、マゴットセラピーとして
の研究も下火となったが、近年になって、抗生物質が効きにくい潰瘍などに対する治療法
として、再び注目をあつめています。

治療が有効な皮膚病は、糖尿病や閉塞性動脈硬化症による足の潰瘍(皮膚のただれ)や、
壊疽(皮膚の一部が壊死して変色する)などのばあいです。

治療の順序は次のようなものです。
傷口の壊死した細胞をハエの幼虫がきれいに取り除いてくれることによって治療がおこな
われます

治療法は単純で、日本にも生息するヒロズキンバエという、ハエの幼虫が利用されます。
無菌状態で孵化させ、成長させたウジ虫を傷口に置き、マゴットセラピー用ドレッシング
で覆います。そして2日後に新しいものと交換します。これを2〜3回繰り返すと、傷口
に新しい組織ができるそうです

ここで興味深い話を。
ウジ虫は壊死した細胞しか食べません。さらに、抗菌タンパク質を周囲に出して殺菌した
り、傷の治りを促す物質を分泌していると考えられています。

つまり、要らない組織(壊死した細胞)を食べて新しい組織ができるのを助けてくれてい
るのです。
あまり好む人がいないウジ虫が、きれい好きで、治りにくい傷の治癒に役立っているのは
不思議なことですが、事実です。

マゴットセラピーの詳細はマゴット治療ホームページ参照 :
http://www.icn-jp.com/~maggot/

edit