肝斑(かんぱん)

【肝斑】

肝斑は30〜40歳以上の女性に多く見られるシミのことで、顔にうすい褐色の斑(しみ)
としてあらわれます。
肝斑は、ほほ骨に沿って左右対称にできるのが特徴で、頬のほかにも、額や下顎、
上口唇(鼻の下)などにも出るしみです。


【肝斑の原因】

肝斑のはっきりした原因は特定されていませんが、更年期やピル内服中などに出現し
たり、妊娠・出産時期に出現したまま改善しないこともあることから、女性ホルモンが
関係していると考えられています。
また、紫外線をあびることで症状の悪化がみられることから、発症の原因として紫外
線が重要であると考えられています。そのほか、生活習慣やストレスも肝斑の原因
のひとつであるといわれています。


【肝斑の治療法】

肝斑の治療法としては、トラネキサム酸、ビタミンC、ビタミンEの内服に美白外用剤の
組み合わせ、またはケミカルピーリングが効果的といわれます。トラネキサム酸は、
色素沈着抑制効果をもつ内服薬で、肝斑に効果を発揮します。


送料無料★(肝斑・かんぱん/しみ)トラネキサム酸●トランシーノ180錠●ハイチオールCと同量のLシステイン・アスコルビン酸/TRANSINO【医薬品】

★(肝斑・かんぱん/しみ)トラネキサム酸
●トランシーノ180錠
●ハイチオールCと同量のLシステイン・アスコルビン酸/TRANSINO【医薬品】





内服薬の有効成分は、血流にのって皮膚のすみずみまで届けられるため、表皮の
深い所にあるメラノサイトにまで効果を発揮します。

肝斑は治療を開始して1〜2ヶ月すれば改善の方向に向かいますが、紫外線対策は
常に必要です。紫外線は肝斑の原因になるだけでなく、すでに現れている肝斑を悪
化させます。また、新たなしみを発生させる原因にもなります。外出の際は日焼け止
めを塗り、紫外線を避けるようにする必要があります。

edit