乾燥肌

乾燥肌

乾燥肌とは、角質の表面をおおっている皮脂の量が不足することによって、皮膚の
水分が蒸発し皮膚がカサカサになる状態で、ドライスキンとも呼ばれます。
正常な皮膚は、皮脂腺から皮脂がしっかり分泌され、常に潤っています。 分泌され
た皮脂は膜となって角層の表面を覆い、水分の蒸発を防ぐ働きをしています。
この皮脂膜と角質細胞間脂質の保湿機能によって、皮膚は水分を保ち乾燥を防いで
います。しかし、秋から冬にかけての空気が乾燥した寒い時期には、乾燥によって
皮脂膜が壊れ、水分が蒸発するため皮膚がカサカサになってしまいます。


【乾燥肌の原因】

乾燥肌にはさまざまな原因があります。体質的に乾燥肌になりやすい場合もありま
すが、乾燥肌には外的要因も大きな影響があります。
1.乾燥肌は、年齢とともに肌(皮膚)の潤いを保つヒアルロン酸やコラーゲンが
  減少していくことで起こります。また、加齢による肌の代謝機能の低下で、本
  来はがれ落ちるはずの古い角質が肌の表面に付着したままとなり、カサカサ肌
  (乾燥肌)になってしまいます。
2.秋から冬にかけて気温が下がり、空気が乾燥すると、皮膚の表面の角質層に含
  まれる水分が蒸発するため、乾燥肌になってしまいます。また、夏場でもクー
  ラーを使用することで空気が乾燥し、乾燥肌の症状がでる場合もありますので
  注意が必要です。
3.食事のバランスがくずれることによって、皮膚の水分を保つために重要な成分
  である、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などが不足すると乾燥肌を招い
  てしまいます。また、ストレスや睡眠不足によってホルモンバランスが崩れて
  しまうことでも乾燥肌になってしまう場合があります。
4.乾燥肌の原因の半分以上は洗いすぎとも言われます。清潔にしようとごしごし
  洗うことで、角質層のバリア機能を壊してしまい、肌の水分が蒸発し乾燥肌に
  なってしまいます。


【乾燥肌の症状】

乾燥肌の特徴的な症状は「かゆみ」です。また、肌にツッパリ感を感じたり、皮膚
がカサカサして粉をふいたような状態になります。
乾燥肌が悪化すると、ひじやひざ・くるぶしなどが黒ずみ、がさがさになったり、
ヒビ割れやあかぎれがおこり、ヒビ割れから雑菌が侵入すると、湿疹などのアレル
ギー症状がでることもあります。


【乾燥肌の対策と治療】

エアコンなどによって部屋が乾燥しないよう、加湿器を使用するのが良いでしょう。
加湿器がない場合でも部屋に洗濯物を干すだけで効果はあります。
乾燥肌のケアやかゆみには、セラミドなどの保湿成分配合のクリームやボディーロ
ーションをつけ、肌が乾燥しないようにすることが大切です。また、入浴の際には
肌をごしごし洗わないように注意し、肌に必要な皮脂を落としてしまわないよう、
ぬるめのお湯につかるようにしましょう。
毎日の食生活においては偏食をなくし、バランスのとれた食事を心がけましょう。
特に、乾燥肌対策に欠かせない、βカロテンやコラーゲン・ビタミンA・ビタミン
E・ビタミンB2などの栄養素を含んだ食事を取るようにしましょう。

edit