しもやけ(凍瘡:とうそう)

しもやけ

しもやけは、手足や耳など末端の血の流れが悪くなって冷たくなり、かゆみを伴って
腫れてきます。乳児では頬や鼻の先など、顔に起こることもあります。


【しもやけの原因】

しもやけは冬を中心とした寒い時期に多く、気温が5℃以下で、一日の気温差が10℃
くらいのときに起こりやすいと考えられます。
しもやけは、寒さによって皮膚の血管が収縮して血液の流れが悪くなり、手足や耳な
どにとどまってしまう血行障害が原因です。ただし、寒いからといってすべての人が
かかるわけではなく、しもやけにかかりやすい体質(血管が寒さに弱い素質)の人や、
貧血症、たんぱく質の足りない場合にもかかりやすくなります。


【しもやけの症状】

しもやけは、手や足の先、耳や鼻の先など身体の末端部が冷たくなり、赤紫色の発疹
や、むくみのような腫れなどの症状を伴います。 子供のばあいは手足のむくみがひど
く、ブヨブヨにはれて、亀裂ができたりくずれることが多くなります。
大人は腫れがそれほどでなく、多形滲出性紅斑(たけいしんしゅつせいこうはん)
よく似た斑点ができ、中心に水ぶくれができて皮膚がむけたり、潰瘍などができるこ
ともあります。かゆみがあり、特にあたたまるとかゆみが強くなります。


【しもやけの治療】

皮膚科では血行促進作用をもつビタミンEの入った外用薬や内服薬が処方されます。
患部に軟膏を塗り、血行を良くするためにマッサージをしましょう。しもやけがくず
れている時や化膿している時はマッサージをせず、抗生物質軟膏等で治療します。
血行を良くする薬や、漢方薬を飲むのも良いようです。


【家庭での注意】

一度でもしもやけにかかったことのある人は、しっかりと保温することで予防しまし
ょう。手足のマッサージをしっかりして、血行を良くすることが大切です。また、入
浴などで手足を充分に温めましょう。
手や足をぬれたままにしておくことは良くありません。靴下や手袋がぬれた時には、
すぐに取り替えることが望ましいです。入浴後や手を洗った後などは、水分が残らな
いよう良く拭き取ることが大切です。

edit