皮脂欠乏性湿疹(ひしけつぼうせいしっしん)

皮脂欠乏性湿疹(ひしけつぼうせいしっしん)

皮脂欠乏性湿疹とは、冬になると皮膚が乾燥してカサカサになる乾皮症(皮脂欠乏症)の
状態から、かゆみを伴う湿疹ができる皮膚疾患です。
中高年からお年寄りに多い皮膚の病気ですが、乾燥肌の人や、小さな子供にも発症します。


【皮脂欠乏性湿疹(ひしけつぼうせいしっしん)の原因】

皮脂欠乏性湿疹は、年齢にともない皮脂の分泌が少なくなることで、皮膚を潤す皮脂膜が
つくられにくくなるためにおこります。また、皮脂欠乏性湿疹は、暖房器具による空気の
乾燥や頻繁な入浴、必要以上のせっけんの使用などによって、皮膚表面の油分が欠乏する
ことでもおこります。


【皮脂欠乏性湿疹(ひしけつぼうせいしっしん)の症状】

まず、皮膚が乾燥して粉をふくようになり、細かい亀裂ができる乾皮症や皮脂欠乏症とい
われる状態になります。皮脂欠乏性湿疹は、この乾皮症の症状が進み、かゆみがひどくな
り、赤くなって湿疹ができる状態をいいます。皮脂欠乏性湿疹は、下腿(足のすね)や腕、
腰などに多く見られ、秋口から冬にかけて症状がではじめ、真冬に症状が強くなります。


【皮脂欠乏性湿疹(ひしけつぼうせいしっしん)の治療と予防】

皮脂欠乏性湿疹は、皮膚の乾燥が原因でおこる皮膚の病気ですから、保湿剤をぬることが
治療の基本となります。入浴後、身体に少し湿り気のあるうちに全身に保湿剤をつけ、水
分が逃げないように閉じこめます。
かゆみがひどい場合は、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤の内服が効果的です。

皮脂欠乏性湿疹の予防には、肌の乾燥がひどくなる前に保湿剤(ワセリンや尿素配合クリ
ームなど)で肌を保護するようにし、部屋を乾燥させないよう加湿器などを使うようにし
ます。また、入浴時にゴシゴシ強く洗うと、皮膚表面の角質層が傷んで、皮膚に必要な皮
脂まで取り去ってしまうことになりますので、石鹸を泡立て手で洗う程度にするのがよい
でしょう。

edit